ConoHaでKUSANAGIをお手軽に試す

(C) GMO Internet, Inc. / 画像の再使用を禁じます

ブログをWordpressに移行するにあたり、検討したサービスのひとつであるConoHaには、Wordpress専用の高速な仮想マシンである「KUSANAGI」を設置することができます。
料金の支払いを1時間ごとに行うこともできるので、ちょっとだけ試してみました。

設置自体は非常に簡単で、サーバーを追加する際にOSをKUSANAGIに指定するだけです。

ss20160426-031105

料金はメモリの量と追加ストレージで決められるようです。今回は現在ブログを運用しているさくらのVPSとほぼ同スペックのVPSを立てて、本当にさくらのVPSより速いのか検証してみます。
Wordpressのインストールも半自動化されており、KUSANAGIのドキュメントを参照しながら行えばデータベースの設定やSSLの設定までやってくれます。

Screenshot-from-2016-04-26-02-56-37

左がさくらのVPS(Ubuntu 16.04+nginx デュアルコア、1GB RAM、30GB SSD) 右がConoHa(KUSANAGI デュアルコア、1GB RAM、50GB SSD)です。さくらはお試し期間のため帯域制限がかかっていますが、意外と善戦しているような気がします。

Screenshot-from-2016-04-26-02-57-29

運用する際にはCloudflareを導入しますので、ついでにそちらの性能も。Cloudflareの威力が絶大であることがよくわかります。

実際に試して気付いたのですが、メモリ1GBのSSDプラン同士であればConoHaのほうが廉価で大容量のSSDを使うことができます。当初はVPSでSubsonicを運用するためさくらのVPSのHDDプランを使用したのですが、iOSのアプリが微妙だったりして導入をとりやめ、結局SSDプランにしてしまったのです。Ubuntu 16.04はまだ用意されていませんが、Arch Linuxで運用するならアリかもしれません。