VivaldiでChromeアプリのショートカットを作る

Vivaldi 1.2時点では、TweetDeckなどのChromeアプリをインストールしてもどこから起動すれば良いのか分かりづらく、またショートカットを作ってもVivaldiが開くだけになるという不具合もあります。今回はアプリのショートカットを作っていつでも開けるようにします。

Chromeアプリがインストールされているか確認する

ss20160614-230503

vivaldi://apps にアクセスすると、インストールされているChromeアプリの一覧が表示されます。

ショートカットを作成する

ss20160614-232802

ss20160614-232805

ss20160614-232819

ふつうにショートカットを作っても、Vivaldiが起動するだけになります(Vivaldi 1.2時点での挙動)。

アプリが開くようにするには

まずChromeアプリの固有IDを調べます。アプリ一覧のアイコンを右クリックし、アプリ情報を開きます。

ss20160614-233755

ストアで見るをクリックすると、Chrome Webストアが開きます。

ss20160614-233758

URLの末尾の文字列(?以降を除く)をコピーし、どこかのテキストエディタに貼りつけておきましょう。

ss20160614-225447

あとはショートカットの「リンク先」を、以下のように書き換えます。

C:\Users\****\AppData\Local\Vivaldi\Application\vivaldi.exe --app-id=【アプリの固有ID】