Samsung 960EVOを購入した

M.2/NVMe接続の高速タイプSSD「960EVO」を購入しました。
実店舗で17000円程だったので発売当初の価格から1000円ほど値上がりしていますが、それでも他社のNVMe SSDより安く、かつ速いとされています。

取り付けはSATA SSDとは違い、マザーボード上に直接基板を刺します。近年急速にマザーボード側の対応が進んだ規格なので基本的にはSkylake(Intel 100シリーズ)以降の世代のPC向けです。グラフィックボードを外せばCPUクーラーを付けたままでも取り付けできました。

公称リード3200MB/s、ライト1500MB/sなのでリードが若干劣っていますが、それでも今まで使っていたSATA SSD(Samsung 850EVO)よりずっと高速です。
体感的にはHDDからSATA SSDへの換装のような劇的な効果はありませんが、SATA SSDよりもさらにレスポンスが良くなっています。
特にNVMe SSDの効果を実感できたのはPUBGをプレイしている時。

PUBGはプレイ開始時に大量のテクスチャをローディングするので、特にHDDにインストールしてしまうとローディングが間に合わず建物が透明に表示されるようなこともあります。SATA SSDでも若干ロードが遅れぎみでしたが、960EVOにインストールしたところパラシュートで降下する時にしっかりとテクスチャが読み込まれ、ゲーム開始直後からスムーズに遊ぶことができました。PUBG用にPCを組むなら是非オススメしたいですね。ただこのように大量のデータの読み書きが発生するような作業をしないと、価格に見合った効果は実感しづらいのが難点でしょうか(その他にもシャドウベイを食わないという利点も一応あります)。